トップページ

薬通販サイトの使い方は?おすすめ・安いサイト・評判・注意点を解説します


個人輸入代行について

お薬を取扱っている通販サイトには個人輸入代行を行なっている会社が多く見受けられます。あまり聞き慣れない言葉ですが、個人輸入代行とはなんなのでしょうか?輸入した薬を使っても大丈夫なのか、違法じゃないかなど気になる点があると思います。個人輸入代行や海外医薬品の品質について調べてまとめてみました。

個人輸入代行とは?

日本では動物用の医薬品を購入するには動物病院で処方してもらうしかありません。
基本的には保険の適用外となりますので、お薬によっては高額なものもあります。

一方、海外では日本で販売されていないお薬であっても、ペットショップや薬局で売られていることが多くあります。
それらのお薬には日本で医薬品として承認されていないものもあるため、欲しいと思っても国内の動物病院で処方してもらうことは不可能です。

しかし、医薬品に関して定めている医薬品医療機器等法では「個人輸入」というものが認められており、個人使用目的に限り、海外から日本に取り寄せることができるのです。

個人輸入とは簡単に言えば、個人が直接海外のお店や企業、メーカーから薬を買うことです。
日本で認可されているお薬はもちろん、未認可のものであっても国内で規制されていない限り大体のものは買うことができます。

ただし、直接メーカー等と連絡を取り合う際は、基本的に外国語でのやり取りとなったり、輸入に関する専門的な手続きが必要となるため、一般の方が個人で行なうのは難しいでしょう。
そこで現在浸透しつつあるのが、個人輸入代行業者を利用するという方法です。
これはインターネット上のサイトで、すべて日本語表記であるために国内のネット通販を利用するのと変わらないような手順で商品を購入できます。

代行業者が「利用者が海外のメーカーからお薬を買うお手伝いをする」ということです。

個人輸入代行は安心?安全?

日本では、厚生労働省と農林水産省が「医薬品医療機器等法」で動物用医薬品の認可やルールなどを定めています。
海外医薬品の個人輸入についても定められていて、日本で未認可の薬であっても、個人的な利用に限り用量から見て2ヶ月分未満であれば購入が認められています。
代行業者を利用した個人輸入は、医薬品医療機器等法で定められているいくつかのルールを守れば簡単に行うことができます。

そのような中、現在日本で浸透しつつあるのが、インターネットを利用して海外からお薬を個人輸入するという方法です。
それによりお薬を格安で購入できますし、忙しくてペットを動物病院に連れていけない方にとっても便利な方法です。

しかしお薬の個人輸入には、問題もあります。

獣医の診断を受けないでお薬を入手できてしまいますから、勝手に判断して購入してしまうと、症状に対して適切な薬でないリスクや、すでに他の薬を投与している場合には飲み合わせが悪いものを買ってしまうというリスクもあります。

また、海外から取り寄せたお薬に添付されている説明書は海外の人間を対象としているので日本語の説明書はなく、英語で書かれています。
そして、ペットの種類や体重などによる適正な用量が守られなければ、逆に健康を害してしまう恐れもあります。

きちんとした正規のお薬が届くのか、粗悪品や健康を害するものが含まれたものが届くのではないのか、素人には正規品と粗悪品を見分ける力がないので心配、などの不安もあると思います。
その他にも、金銭の支払いに関してなどなんらかのトラブルがあれば、外国語で対応をする必要もあるため、なかなか手が出しづらいという点も問題として挙げられます。

これらのリスクを少しでも抑える方法として最初にまず動物病院で診察、診断をしてもらいお薬を処方してもらい、効果や副作用を確認します。
そして問題がないことを確認してから、医師から処方されているお薬と同じものを海外から個人輸入するのが比較的安全かつ安価にお薬を購入する方法でしょう。

また金銭トラブルや粗悪品である可能性を少しでも減らすために、評判の良い業者、通販サイトを選んで利用するのが良いでしょう。

個人輸入代行を利用する際の注意点

動物用医薬品の個人輸入は、医師の処方を受けることなく医薬品を手にできるので、金銭的な節約にもなりますし、時間や手間、その他のしがらみなども省くことが出来ます。

しかし個人輸入を利用するにあたってはいくつかの注意点があります。
その注意点をよく理解しておかなければのちに大きなトラブルにもなりかねません。
動物用医薬品を個人輸入する際の注意点についてはきちんと理解しておくようにしましょう。

まず一番の注意点は、薬についてしっかりと調べておかなければいけないという点です。
薬には副作用や飲み合わせなどがあります。
個人輸入では医師の診断、処方せんを必要とすることなく簡単にお薬を購入できてしまいます。
しかし薬についての特性や適正な用量を調べずに投与してしまうと、思わぬ副作用が現れたり、重篤な問題が出てしまったりすることがあります。

医師による診断を受けない分、飼い主さんが自身でしっかりと薬について調べておくことは非常に重要です。
また少しでも不安なことがあったら、使用する前に医師に相談するのも大切です。

次に注意すべき点は、病気などの症状について勝手な自己判断をしてしまいがちだという点です。
病気には症状が似ていてもまったく違う病気である場合があります。
にもかかわらず、自己判断から薬を選んでしまう人は多くいらっしゃいます。
その結果症状が改善されなかったり、さらに悪化してしまったというケースは後を絶ちません。
確実な病名がわかっていない場合は自己判断を下すのではなく、まず医師に相談してから個人輸入を活用していきましょう。

そして最後に必ず使用者の名義で購入するという点です。
医薬品医療機器等法では、動物用のお薬の個人輸入は本人所有の愛玩動物への使用目的でのみ許可されています。
海外のお薬は国内で承認又は登録されているものではないため、国内での譲渡や販売は認められていません。

例えば、インターネットが苦手な遠方の家族や友人のために代理で購入して、一度自分で受取った商品を渡すという行為は禁じられているのです。
必ず使用者本人の名義で、使用者本人の住所に送付するようにしましょう。
海外医薬品の個人輸入は、うまく活用すればとても便利なシステムです。

これらの注意点をしっかりと守って、安全に個人輸入をご活用ください。

処方箋不要の理由

国内の病院に行って薬を出してもらう時は、処方せんが必要となります。
これは診察した医師が必要な薬の量・投与方法等を記した書類で、薬剤師に渡すものです。
これを見て薬剤師は医師の指示に従って薬を患者に渡す、というのが国内で病院に行った時の大きな流れとなります。

国内の場合、医薬品医療機器等法によって処方せん薬を処方せんなしで売買する事は違法です。
しかし、海外医薬品を個人輸入する時は、処方せんは必要ありません。
勿論国内で未認可の薬であっても買うことができます。

ではどうしてそれが不要なのでしょうか。

処方せんとは、医師がその薬の使用に関して責任を持つと記している書類とも言えます。
その為、責任の所在は医師にあると言っても良いでしょう。
しかし、個人輸入の場合はあくまでもそれを利用するのは個人の判断であり、医師がそこに関係してくることは有りません。
この場合は、個人が海外の業者・会社・販売店等と取引をし、直接購入する事になります。

また、代行サイトを利用する事もできますが、この場合もサイトの方が個人に対して薬を販売するのではなく、個人が輸入するお手伝いをするだけです。
飼い主さんの自己責任で投与する事になるので、誰かにその薬に対して証明してもらう必要がありません。
その為、海外医薬品を個人輸入する時は処方せんが必要なくなります。

処方せん自体は不要なので、自分の判断で必要な薬を買うことができるのが、海外医薬品の個人輸入のメリットです。
しかし、買うことができない薬が中には有る事、さらに、日本未認可の物でも購入は可能ですが、その数量には気を付けなければいけません。
あくまでも個人的な利用に限り医薬品医療機器等法では輸入が認められているので、沢山まとめて個人輸入する事は出来ず、余分な分は税関で没収となります。(認められているのは2ヶ月分未満です)

また、薬価を抑えようとして、低価格な物を買う場合がありますが、時には偽物を買ってしまう事も少なくありません。
その場合、体に大きな影響を及ぼしてしまう事があり、注意が必要です。

出来るだけ安全な物を買う為には、正規品のみを取り扱っている代行業者を利用すべきと言えます。
海外医薬品を個人輸入する時は、全て自己責任となるので処方せんは不要です。
しかし、それによって起こりうるメリット・デメリットを良く理解しておくのが重要と言えまう。

そうして何で処方せんがなくても医薬品を買うことができるのか、それを良く理解してから海外医薬品の個人輸入をするようにしましょう。

イイ通販サイトの選び方

個人輸入代行(医薬品の通販サイト)の選び方のポイントはサイトの利用者数です。利用者が多いという事はそのサイトは利用者からの信頼度も高く、トラブルも少ないと予想できます。

次に見るポイントは値段です。薬単体の値段が少し高くてもまとめて購入するとお得だったりとサイトによって異なるので複数のサイトを比較しながら利用すると良いでしょう。

【比較する時に重視するポイント】

・偽物を販売していないか
悪質な業者の中には偽物を販売している可能性もあり危険なので、偽物ではなく正規品を取り扱っているサイトを選ぶことが大切です。

・正しい価格、正しいプロセスで商品を提供しているか
サイトや口コミ、評判等で「商品が問題なく届いたのか」「届いた商品に異常は無かったか」価格に納得できたのか」「サイトに商品提供のプロセスが明記されているか」等確認しましょう。
海外経由の輸入となりますので支払いシステムを利用して、商品代金を支払ったのに物が届かない、又は相場よりも極端に料金が高いといった詐欺も無いとはいえません。
取り扱い商品が相場と違いないか、商品注文から配送までのプロセスを、明記しているかというのは重要な指標となります。

・運営サイトの情報が記載されているか
先ほどの詐欺の話と繋がりますが運営サイトの情報が明記されていない場合、リスクが高いと思われますので、利用前に確認しておくと良いでしょう。

医薬品購入の注意点

海外で認可されているという事はもちろん安心できる医薬品です。認可されているという事は人体において健康被害などはないという事です。例えば、体調不良にて熱や頭痛、喉の痛みなどがあれば真っ先に病院へ行くと思います。その場合は医師の診察や検査を経てその都度、病状に合った薬を医師による知識の基で処方してもらうわけです。結果間違いなく自分の病状に合った薬を購入できるという事になります。

個人輸入を介して医薬品を購入するのは容易な事ですが、果たして本当に自分の知識だけで海外医薬品を購入して使っても問題ないのか。その点は非常に注意が必要です。ペットの病状がどのような症状でどういった医薬品で対処できるのかというのは医者ではないので、判断する基準は少し難しいと思います。個人輸入での購入を考えている場合は、できる事なら医者に診察してもらった後で、今後どのような薬が必要で、どういう系統を使えば症状は緩和するなどといった情報やアドバイスを貰うのも一つの手段かと思います。ある程度知識を入れるのも大切な事といえます。仮に健康被害が生じたとしても通販サイト側には一切の責任がないので、慎重な薬選びをしましょう。

海外医薬品の品質は?

医薬品の個人輸入は主にシンガポールか香港から輸入されています。海外の医薬品の成分や品質は日本国内のものと変わりません。しかし医薬品の個人輸入で注意したいのが偽造品の存在です。医薬品の偽造品とは薬の成分が含まれていなかったり、全く別の成分が含まれるなど、最悪の場合は健康被害を被ってしまう危険性があります。

個人輸入のメリットである費用と時間の節約を最大限に生かすためには、こういった偽造品のトラブルに合わないことが最も重要です。

ペット用くすり通販サイトで比較した4つの通販サイトはすべて正規品と書かれているため安心してご利用いただけます。

医薬品通販のメリットとデメリット

メリット

・薬代が安い
・処方箋が不要
・どこでも簡単に注文できる

デメリット

・配送に時間がかかる
・飲み合わせなど薬の知識が必要
・返品が基本的に不可

上記にメリット・デメリットをまとめてみました。

動物病院で処方される薬に比べて、通販サイトでは安く薬を購入することができます。わざわざ病院に行かずに自宅などから簡単に注文することもできるので、忙しい方にはとても助かると思います。

一方で、薬に関する知識がない状態で購入してしまうと、飲み合わせの問題などで病気が悪化してしまう場合もあります。自己判断ではなく、専門の知識を持ったお医者さんに相談した上で購入するのが安心です。
また、海外医薬品の場合配送に時間がかかったり、返品不可のサイトもありますので、十分に検討して余裕を持って購入知る必要があります。

ジェネリック薬について

新薬は「先発医薬品」と呼ばれ、ジェネリック医薬品は「後発医薬品」と呼ばれます。

簡単に説明すると、ジェネリック医薬品は新薬と同等の有用成分と製法で製造され、同じ治療効果があると厚生労働省または農林水産省に認められた医薬品のことです。

そもそも新薬の誕生には10年~15年の歳月がかかり、その開発費用は約500億円に上ると言います。

私たち人間用のお薬の場合、新薬の開発過程では、はじめに薬の有用成分となり得る物質を探索し、非臨床試験(動物実験)を得て、治験(人を対象にした投与試験)にて症例を収集し効果と副作用を確認してから、厚生労働省へ認証申請を出します。

審査の結果、認証されたらこの世に初めて一つの新薬が誕生するというわけです。

新薬には、開発元である製薬会社に特許がかかっています。
この特許期間中は当該医薬品の独占ができるので、新薬を売り込み開発費用を回収します。

特許期間は20年から最大で25年です。
特許が切れた後に、他の製薬会社が新薬と同じ有用成分と製法で医薬品を製造することが可能となり、ここで誕生するのがジェネリック医薬品(後発医薬品)です。

ジェネリック医薬品の有用性は厚生労働省や農林水産省に認可されているので、品質と効果は新薬と同じと思って差し支えありません。

加えてジェネリックは新薬を投与しやすいように製造開発がされており、例えば、錠剤をの与えやすい形状に変更したり、苦みを改良したりというような工夫がなされています。

そして、ジェネリックの最大の特徴は、価格の安さです。

新薬の製造過程にて成分の効果や副作用は認められているので、ジェネリックでは臨床試験を省略することができます。

そのため開発年数は3年未満、開発費用は数千万円で済ませられることで、安価に提供することが可能となっているのです。

あまりご存じないペットの飼い主さんが多いのですが、動物用の医薬品にもジェネリック医薬品は存在します。薬事・食品衛生審議会の答申を経て、農林水産大臣から承認を得た動物用医薬品は現在、数千品目と言われ、その半数がジェネリック医薬品なのです。

まとめ

最後におくすりを個人輸入代行している通販サイトで購入する場合は、上記に記載している、個人輸入のメリット・デメリットやジェネリック薬品のメリット・デメリット等を十分に理解した上で使用して見て下さい!